ホーム ニュース 脱藩の道 事典 レポート 商品
脱藩事典 > 詳細-008
坂本龍馬誕生地
坂本龍馬誕生地は高知城下本丁筋1丁目。現在の高知市上町1丁目です。上町病院の横に坂本龍馬誕生地の石碑があります。ここが坂本龍馬脱藩の道のスタート地点です。
坂本龍馬(1835〜1867) 郷士坂本八平の次男、実名直柔 天保6年11月15日出生 江戸に出て千葉定吉に師事 北辰一刀流の目録を受ける 時勢に感じ武市瑞山の土佐勤王党に加盟 文久2年3月24日脱藩 勝海舟門下生となり 神戸海軍塾の塾頭を務める その他長崎に海援隊を組織し中岡慎太郎とともに薩長連合を実現 後藤象二郎と協力し大政奉還運動を推進し目的を達する 彼の政治改革案「船中八策」は新日本の行く手を示す基案となった 慶応3年11月15日京都の宿舎近江屋で反対勢力の襲撃にあい同志中岡慎太郎とともに斬られる 33才
坂本龍馬誕生地の石碑より

より大きな地図で 坂本龍馬誕生地 を表示
脱藩の道-1「出発」
運営 リンク  問合せ
 Copyright(c) 2017Tanae All Right Reserved.