ホーム ニュース 脱藩の道 事典 レポート 商品
レポート > 詳細-033
第27回わらじで歩こう坂本龍馬脱藩の道
出発の合図は、エイ エイ オーの後
大洲藩鉄砲隊の空砲でスタート
2015年9月27日(日)、河辺坂本龍馬脱藩の道保存会が主催するウォーキングイベント「第26回わらじで歩こう坂本龍馬脱藩の道」が開催された。前夜祭 龍馬を語る夕べの第一幕は、昨年大好評だった大林幸二さんのきまぐれ演歌ショー、第二幕は、恒例のシャモ鍋とお酒での龍馬談義。.
イベント当日の朝は曇りで少し涼しく脱藩の道を歩くのに最高。今年の龍馬役は松山にお住いの方と龍馬大好きの田苗の2人。今年の出発の合図は、エイエイオーの後、大洲藩鉄砲隊の空砲でスタート。迫力のある火縄銃の空砲で参加者は感動。
前夜祭、大林幸二きまぐれ演歌ショー。大林さんは、坂本龍馬脱藩の道の唄「奔れ龍馬」を歌われている。作詞は、龍馬脱藩の道を解明して本を出版された村上恒夫先生。
左上:土佐市の西節男さんが無償で提供された脱藩の杖です。 右上:左から葉山龍馬を愛する会の河原副会長、脱藩の杖をつくられた西節男さんと奥さん、西さんのお知り合いの方々。右下:右から河辺のお龍さん、清水市長、今年龍馬役の田苗。
左上:河辺坂本龍馬脱藩の道保存会の梅木会長のご挨拶。右上:忙しい中かけつけてご挨拶をされる清水市長、左下:出発前に龍馬役2人がエイ・エイ・オー!、右下:大洲藩鉄砲隊の空砲を合図に、参加者はウォーキングスタート!大きな音で迫力がありました。
コースは、約15kmを歩くAコース(脱藩の道オンリーコース)と約17kmを歩くBコース(浪漫八橋と脱藩の道コース)の2コース。今年は、27年間毎回わらじで歩かれている細川さんと愛媛龍馬会の山岡さん、阿部さんと一緒にAコースを歩く。ゴールでは、河辺のお龍さん(ふるさとの宿の田中支配人の奥さん)がステキな笑顔でお出迎え。疲れが吹っ飛びました。写真はすべて山岡さんが撮影されたものを掲載させて頂きました。ありがとうございます。
運営 リンク  問合せ
 Copyright(c) 2017 Tanae All Right Reserved.