ホーム ニュース 脱藩の道 事典 レポート 商品
レポート > 詳細-023
第4回龍馬脱藩の道トレイルランガイド養成講座
高低差約400mの龍馬脱藩の道を
約20分で一気に駆け下りる爽快感
2013年11月24日、第4回龍馬脱藩の道トレイルランガイド養成講座の実技講習が愛媛県大洲市河辺町で開催された。講師はNPO法人全国トレイルランニングガイド普及協会理事長の忠政啓文さん。参加者は10名。コースは河辺ふるさとの宿を出発して、脱藩のとき龍馬が渡った屋根付き橋「御幸の橋」や「夜明けの道」の記念碑の前を通り、目的地の榎ヶ峠(標高810m)の往復約12q。なんと御幸の橋から榎ヶ峠までの高低差約400mの山道を走る。参加者に聞くと行きの上りはかなりきつい走りになるが、帰りは約20分で一気に駆け下りる爽快感がいいらしい。今日は朝から晴れ、もみじは真っ赤に染まり、イチョウは黄色く染まり、綺麗な紅葉が楽しめるトレイルランになった。
出発前、河辺ふるさとの宿で恒例の腕を組んでの記念撮影です。
安永2年(1773年)に造られたといわれる屋根付き橋の「御幸の橋」を渡る。右下:「坂本竜馬の通りし道 俳優 武田鉄矢」と書かれた石碑が御幸の橋のすぐそばにある
左:夜明けの道の記念碑の近くで一休み、右:「夜明けの道 村上恒夫」と大きな石に刻まれている村上恒夫先生は坂本龍馬脱藩の道を解明した人です。
榎ヶ峠の案内板の前でちょっとお休みです。
左上:目的地の榎ヶ峠(標高810m)までもう少し。右下:榎ヶ峠で記念撮影、達成感の笑顔がいいね!
イチョウの黄色い葉っぱが落ちて綺麗な御幸の橋を走りぬける
運営 リンク  問合せ
 Copyright(c) 2015 Tanae All Right Reserved.