ホーム ニュース 脱藩の道 事典 レポート 商品
レポート > 詳細-012
第24回わらじで歩こう坂本龍馬脱藩の道
今年は龍馬脱藩150年の記念の年
参加者はいつもより多い約370名
2012年9月23日、河辺坂本龍馬脱藩の道保存会が主催する人気のウォーキングイベント「第24回わらじで歩こう坂本龍馬脱藩の道」が大洲市河辺町で開催された。参加者はいつもより多い約370人。なんと外国人の女性も参加している。今年は龍馬が土佐を脱藩して150年の記念の年とあって、前夜祭は、河辺中学校体育館にて「前夜祭 海援隊トーク&ライブ2012」を開催。コンサートの後は河辺ふるさとの宿で「前夜祭 龍馬を語る夕べ」、龍馬ファンがシャモ鍋とお酒で龍馬談義を楽しんだ。
<前夜祭 海援隊トーク&ライブ>
前夜祭は河辺中学校体育館にて「海援隊トーク&ライブ2012」を開催。チケット完売でコンサート会場は超満員。龍馬大ファンである武田鉄矢さんのトークを楽しみながら「母に捧げるバラード」、「贈る言葉」、「思えば遠くへ来たもんだ」などを聞く。
右上:コンサート会場になった河辺中学校体育館の前は入場を待つ長蛇の列、右下:会場にびっしり並べられた椅子にまったく空きはない。超満員だ。
<前夜祭 龍馬を語る夕べ>
海援隊トーク&ライブの後、河辺ふるさとの宿にて、恒例の「前夜祭 龍馬を語る夕べ」が開催された。多くの龍馬ファンがシャモ鍋とお酒で龍馬談義を楽しんだ。
左上:龍馬を語る夕べの会場、右上:はじめに河辺坂本龍馬脱藩の道保存会の梅木副会長のご挨拶、左下:脱藩の道ベテランガイドの長岡さんといつも笑顔が素敵な司会の田中さん、右下:龍馬脱藩の道を解明された有名な村上恒夫先生
<わらじで歩こう坂本龍馬脱藩の道>
ウォーキングイベントの当日は、朝から良い天気。集合場所になっている河辺ふるさと公園にて午前7:30から受付開始、8:30から出立式、最後に龍馬役のエイエイオー!の発声で午前9:00ごろ参加者全員が出発。コースは、約15kmを歩く龍馬脱藩の道オンリーコース(榎ヶ峠〜泉ヶ峠)と約17kmを歩く浪漫八橋と脱藩の道コース(河辺ふるさと公園〜泉ヶ峠)の2コース。
左上:河辺坂本龍馬脱藩の道保存会の梅木副会長、今年は龍馬の格好でご挨拶です。右上:司会の田中さん、お龍の格好とても似合っています。左下:清水市長さん、お忙しい中かけつけてご挨拶です。右下:龍馬役をされた方です。
左上:足袋を使わずわらじを裸足で履いて参加された方、気合が入っています。右上:向かって右の方が第1回からずっとわらじを履いて歩いている有名な細川さんです。左下:参加された外国人の女性と梅木副会長です。
右上:予備のわらじを腰につけて脱藩の道を歩いている細川さんです。左下:冷たいトマトシャーベット美味しかった。おもてなしに感謝です。右下:三杯谷の水で顔や手などを洗って一休みです。
ここが昼食会場です。少し大きめのおにぎり3個と美味しい味噌汁をいただきます。スタッフの笑顔がいいね!特にお龍さんの笑顔最高!わらじの細川さんと笑顔のツーショット!
左上:龍馬Tシャツに龍馬袋、龍馬が大好きな人でしょうね!右上:水ヶ峠、もうすぐゴールです。左下:ゴール手前のおもてなしは冷たいトマト、まっことうまいぜよ!右下:ゴールの泉ヶ峠、ここで完全踏破証を受け取ります。
運営 リンク  問合せ
 Copyright(c) 2017 Tanae All Right Reserved.