ホーム ニュース 脱藩の道 事典 レポート 商品
レポート > 詳細-008
龍馬飛騰ウオーク・佐川町〜津野町コース
土佐最大の難所・朽木峠越えの約12kmを歩く
地元の「おもてなし」に感謝!
2012年3月25日、龍馬ふるさと博推進協議会主催の坂本龍馬脱藩150年記念イベント「龍馬飛騰ウオーク・佐川町〜津野町コース」と葉山龍馬を愛する会主催の「歩こう維新へ脱藩の道 “第22回健康ウォーキング葉山街道”」が同時開催された。参加人数は合計約350人。若い人からご年配の人まで多くの人達が、土佐国内最大の難所だった朽木峠越えの約12kmコースを歩いた。このウオークイベントに参加して感じたのは「おもてなし」です。朽木峠での力水、可愛い娘さんからのお菓子、三間川でお茶やレンゲ汁、三嶋神社前でのみかんの提供などいたるところで疲れを癒してくれる「おもてなし」に感謝です。
受付会場は佐川龍馬神社。左下:かなり「おらが龍馬大賞」を意識していますね。右下:高知にある龍馬研究会では13名が参加。
スタート前、高知県庁の久保さん、全国龍馬社中の橋本会長、ウオーキングゲストの勅使川原郁恵さんのご挨拶。その後、高知県ウォーキング協会の方から準備運動のご指導がありました
佐川龍馬神社をスタート。まずは土佐国内最大の難所であった標高554mの朽木峠(くちきとうげ)を目指して歩く。佐川龍馬神社から朽木峠までずっと上りの山道が続く。
朽木峠に到着、なんと関所がつくられている。左下:検問のスタンプを押してる。右下:力水でおもてなしです。
朽木峠の関所は、いったん通行止めにして、ちょっと一休みした後、一気に開放です。
左上:朽木峠を越えると急な下り坂とじゃり道で滑りやすい。右上:高知市内から参加されている井上さん、熱狂的な龍馬ファンです。左下:娘さんからお菓子のおもてなし、とても可愛いです。
龍馬さんの写真がある維新朽木庵で一休み。ちょっとした休憩所があると助かりますね。
 
 左上:菜の花が黄色が綺麗。右上:肥くみの格好をしたおじさん最高です。これもおもてなしです。
 
 佐竹家でお茶のおもてなしです。トイレもお借りしました。ありがとうございます。
三間川地区で昼食です。美味しいレンゲ汁が提供されました。とても美味しかったです。
左上:昼食のとき、葉山龍馬を愛する会の島崎会長からご挨拶。
昼食後、ゴールのかわうそ自然公園を目指した出発です。
左上:ゴールのかわうそ自然公園、到着された人達です。右上:フォークデュオ「OTOGI」のライブ。OTOGIさんは龍馬脱藩の唄「蒼い風」を歌われている。右下:「おらが龍馬大賞」を受賞された神山弘文さん、おめでとうございます。
運営 リンク  問合せ
 Copyright(c) 2017 Tanae All Right Reserved.