ホーム ニュース 脱藩の道 事典 レポート 商品
レポート > 詳細-005
第22回わらじで歩こう坂本龍馬脱藩の道
河辺坂本龍馬脱藩の道保存会主催イベント
ふるさとの宿から泉ヶ峠まで約17km歩く
2010年9月12日、愛媛県大洲市・河辺坂本龍馬脱藩の道保存会主催のウォーキングイベント「第22回わらじで歩こう坂本龍馬脱藩の道」に参加した。参加者数は約320名。NHK大河ドラマ「龍馬伝」の影響で、参加者が多く、若い人が目立つ。今年の龍馬役は、大洲市の山田有香音さん(女性19才)と松山市の東祐輔さん(男性15才)。今年の龍馬さんはとても若い。ウォークイベントは2コースが設定されている。Aコースは「脱藩の道オンリーコース」で、榎ヶ峠から泉ヶ峠まで約15km歩く。Bコースは「浪漫八橋と脱藩の道コース」で、ふるさと公園から泉ヶ峠まで約17km歩く。主催者から説明を聞いて、いざ出発。
写真中央は、坂本龍馬脱藩の道保存会の梅木副会長さんです。そして、わらじで歩かれる細川さん親子(写真左がお父さん、右が息子さん)。お父さんは、第1回から毎年わらじで歩かれている方です。
細川さんがわらしを履かれているところを撮影。この時、わらじを履かれる様子を見たいと多くの方が集まりました。
厳しい暑さの中、皆さん頑張って歩きました。いたるところで、冷たいお茶の提供。本当に助かりました。感謝です。昼食は、おにぎり3個と味噌汁。シンプルだけどうまい!
左上:名物の美味しいトマト。なんとこのトマトはモーツアルトを聞かして栽培している。右上:多くの参加者がこのトマトを楽しみに歩いている。わたしもその一人。左下:この美しい山並みを見て、龍馬はどう思ったのかのぉ? 右下:目的地・泉ヶ峠に到着。この峠は龍馬が宿泊したところ。ここで「完全踏破証」を受け取る。

その後、河辺ふるさとの宿までバスで移動。到着後、主催から記念品(わらじ・通行手形・オリジナルタオル)をもらって解散です。猛暑の中、たいへんだったけど何とも言えん「達成感」があるぜよ!
運営 リンク  問合せ
 Copyright(c) 2017 Tanae All Right Reserved.