ホーム ニュース 脱藩の道 事典 レポート 商品
レポート > 詳細-004
龍馬脱藩ウォーク第2弾
龍馬研究会「龍馬脱藩ウォーク第2弾」
韮ヶ峠〜御幸の橋までの12kmを歩く
2010年9月11日(土)、龍馬研究会主催の「龍馬脱藩ウォーク第2弾」に参加した。昨年9月に開催された第1弾は、梼原龍馬会の協力で茶や谷から韮ヶ峠を目指し約10kmを歩いた。今年の第2弾は、昨年に続き、韮ヶ峠から河辺の御幸の橋を目指し約12km歩く。
出発前に国境・韮ヶ峠で記念撮影。午前11:00頃出発。今回の参加者24名。前回より少し多い。若い人から年配の方まで年齢は幅広い。女性の方が目立つ。高知の方が多いが、東京や大阪からも参加されている。
韮ヶ峠から男水までの簡単な地図。このコースは、はじめに韮ヶ峠から小屋まで、急な下り坂が続き、男水の先から榎ヶ峠まで長い登り坂が続く。もっともキツイところ。榎ヶ峠を越えると御幸の橋まではずっと下り坂なので楽である。
左上:韮ヶ峠を越えてすぐ「関所跡」がある。 右上:先頭を歩く龍馬研究会の岩崎会長、お元気です。2010年に「龍馬・お龍・土佐〜土佐語り部の密録」を出版。 左下:大阪から来られた浜田さん。ご苦労様です。 右下:小屋を過ぎたあたりで、美味しい湧水があった。ここで一休み。
左上:男水自然公園で昼食。みんなで脱藩おにぎりを食べる。約1時間休み、出発。 右上:坂本龍馬脱藩の宿の手前で、遅れている人達を待っているところ。ここから榎ヶ峠まで長い坂道をひたすら歩く。 左下:榎ヶ峠を越えて、国木に夜明けの記念碑がある。榎ヶ峠から御幸の橋までずっと下り坂。 右下:15:30頃、目的地の「御幸の橋」に全員到着。猛暑の中、皆さんお疲れさまでした。
 榎ヶ峠で記念撮影
運営 リンク  問合せ
 Copyright(c) 2015 Tanae All Right Reserved.