ホーム ニュース 脱藩の道 事典 レポート 商品
レポート > 詳細-001
龍馬脱藩ウォーク第1弾
龍馬研究会「龍馬脱藩ウォーク第1弾」
茶や谷から国境・韮ヶ峠を目指して歩く
2009年9月12日(土)、龍馬研究会主催の「龍馬脱藩ウォーク第1弾」に参加。梼原龍馬会の協力で茶や谷から国境・韮ヶ峠を目指して約8kmを歩いた。午前中、曇り空で出発。午後、韮ヶ峠に到着するごろはどしゃぶりの雨。これもいい思い出じゃ。
目的地・韮ヶ峠に到着して記念撮影
今回の脱藩ウォークは楽しみにしていた。理由は、那須俊平・信吾父子の案内で国境・韮ヶ峠を目指して歩いてる時、「龍馬は、どんな思いをしながら歩いたのだろうか?」と龍馬が歩いた同じ道を歩きながら想像したかったのである。
韮ヶ峠を越えれば、脱藩で重罪。この峠を越えなければ、たんなる藩内の旅。大きな違いである。家族思いの優しい龍馬のこと、脱藩を決めたものの、ひょっとして心は揺れ移いて歩いていたのではないか?
道案内人の中越さん。わらじに詳しい人です。写真をよく見て下さい腰にわらじを付けています。龍馬が脱藩した時代、旅をする場合、1日3つのわらじが必要だったみたいです。
運営 リンク  問合せ
 Copyright(c) 2015 Tanae All Right Reserved.