ホーム ニュース 脱藩の道 事典 レポート 商品
ニュース > 詳細-039
龍馬脱藩トレイルラン(韮ヶ峠〜河辺)
龍馬が脱藩した同じ時刻、同じ場所で
まさに龍馬のように険しい山道を走る
幕末の時代、土佐と伊予の国境であった韮ヶ峠(にらがとうげ)で、龍馬が脱藩した同じ時刻(新暦)に「龍馬脱藩トレイルラン」がはじめて開催されます。開催日は2014年4月24日です。坂本龍馬脱藩の道を解明された村上恒夫先生によると龍馬は正午頃、韮ヶ峠でにぎり飯を食べた後、韮ヶ峠から泉ヶ峠までの山道は、追手から逃げるため走ったのではないかと言われています。まさに坂本龍馬は刀を肩に掛けて走ったトレイルランナーであったと考えられます。この企画は、龍馬が脱藩した同じ時刻、同じ場所、そして龍馬と同じように険しい山道を走ります。コースは、韮ヶ峠から御幸の橋を通り、河辺ふるさとの宿までの全行程約16qです。いま参加者募集中です。詳しくは、下記の河辺ふるさとの宿へご連絡してください。
プロトレイルランナー 忠政啓文さん(撮影:忠政めぐみ) 
<内容>
・日時:2014年4月24日(木) 午前10:30
・場所:河辺ふるさとの宿集合
・定員:20名(お申込み先着順)
・参加費:4,000円(昼食代・保険料等含む)
・講師:忠政 啓文(プロ・トレイルランナー)
・コース:韮ヶ峠〜男水〜榎ヶ峠〜御幸の橋〜河辺ふるさとの宿 (全行程約約16km)

<日程>
10:00 集合・受付(河辺ふるさとの宿)
10:30 河辺から韮ヶ峠まで車にて移動
11:30 国境・韮ヶ峠にて昼食(竹皮おにぎり弁当)
12:30 韮ヶ峠をスタート
15:00 河辺ふるさとの宿ゴール・入浴

*韮ヶ峠では、龍馬がにぎり飯3個を食べたことに倣って、竹皮に包んだおにぎり3個の昼食も付いています。
*参加資格は、20歳以上の健康な方で、トレイルランの経験者もしくは山道16qを走る体力を有する方。
*終了後、宿泊付の懇親会も予定しています。龍馬やトレイルラン談義で盛上がりましょう。
*宿泊付懇親会ご希望の方は、1泊2食付7,000円です。(飲み物代含む)
●問合せ・申込み先
河辺ふるさとの宿
〒797-1606愛媛県大洲市河辺町三嶋134番地
TEL0893‐39‐2211 FAX0893‐39‐2123
E-mail furusato@alto.ocn.ne.jp
運営 リンク  問合せ
 Copyright(c) 2017 Tanae c.c. All Right Reserved.