ホーム ニュース 脱藩の道 事典 レポート 商品
商品 > 書籍 詳細-004
『龍馬脳のススメ』 著者:茂木健一郎
坂本龍馬は、その「大きくなる力」を自分の意思でもぎとりました。きっかけは「脱藩」です。
あなたはどういう人になりたいですか?心の大きい人、他人にやさしい人、立派な仕事ができる人、何かをやりとげる人、答えはさまざまだと思います。じゃあ、歴史上の人物で言ったら?―坂本龍馬のような人間になりたい― そう答える人はかなり多いのではないでしょうか。この本は、そのためのエッセンスをまとめた一冊です。
人生が驚くほど変わる『龍馬脳のススメ』
著者:茂木健一郎
発行所:株式会社主婦と生活社
定価:本体1,200円+税
●目次

LESSON 1 [脱藩・決意偏]
小さな自分の「殻」を飛び出して、ひとり高度成長する

・「本当の自分の人生」へ踏み出すために
・脱藩は「自分という人間」を大きく変えてくれる
・「負け組」から龍馬は生まれた
・リスクをとらないことでリスクを負う時代へ
・食いっぱぐれない環境では脳はなかなか動かない
・人と人をつないで“流れ”をつくっていった龍馬
・「フリーの元祖」は、肩書きや身分に執着しなかった
・社会と「デカップル」して、ひとり高度成長を遂げよう

LESSON 2  [プチ脱藩のススメ]
危機に動じない、しなやかさを身につける

・サラリーマンは「8割2割の法則」でプチ脱藩を
・「2割脱藩」すれば、不測の事態にも動じない強さが身につく。
・脱藩へのマインドセットは「5分5分」でちょうどいい
・悩むことは、未来の成功への準備体操
・事を成すエネルギーは「ムダに揺れ動く」ことでたまっていく

LESSON 3  [ チャレンジ脳 ]
自分を決めつけなければ、脳はどこまでも伸びてゆく!

・さあ、「偶有性の海」に思い切って飛び込んでみよう!
・奇跡のりんご ―木村秋則さんが教えてくれたこと
・「あらゆる道具」を使って生き残る生命力
・大いなる劣等生・龍馬は「規格外」だからこそ強かった
・優等生諸君!「他人が敷いたルート」を自分からはずれてみよう
・「劣等感」は脳の成長をストップさせる
・自分を決めつけるな!そうすれば脳はオープンエンドで伸びてゆく
・迷うくらいなら飛び込んでしまったほうが絶対いい

LESSON 4  [ 下から目線がカギ ]
男からも女からもモテる「龍馬型会話術」を身につける

・龍馬も実践!「絶対にモテる方法」のヒミツ
・龍馬型会話のポイントは「ダメダメ語り」「ユーモア」「下から目線」
・脳の中の鏡「ミラーニューロン」を利用しよう
・「自分勝手なしゃべり方」をする人は、欠点から目をそらしている。
・「自分ツッコミ」でメタ認知力をきたえる
・龍馬のように、人の「中」へ捨て身で飛び込んでみよう
・情熱を接着剤にしてコツコツと「他人とのつながり」を築こう

LESSON 5 [ おねえ力 ]
男は女脳に、女は男脳に学び、自由とパワーを手に入れる

・乙女ねえさん直伝!?龍馬は女脳的発想の持ち主だった!?
・「おねえ力」にはすさまじいパワーが潜んでいる
・龍馬は議論よりも“ひざカックン”のほうが得意!?
・龍馬とナイチンゲールの共通点
・「おねえ力」は脱藩への垣根を低くしてくれる
・「おねえ力」の鍛え方

LESSON 6 [セレンディピティ]
運と出会いを自分に引き寄せる「幸運の行動力」を磨く

・「偶然の幸運に出会う力」は自分で高められるものだった!
・運と出会いを引き寄せる「3つの行動のコツ」
・運命の人を絶対に逃さないための「周辺視野力」とは?
・チャンスの気配を読み取れ!剣の道はセレンディピティに通ず
・直感的な行動が運をつかむ
・意識は「無意識の行動」に「待った!」をかけてばかりいる!?
・長嶋茂雄の「天才のカン」と坂本龍馬の「努力のカン」とは?
・「一歩を踏み出せない人」は自分の「GO」のリストを多くしよう

LESSON 7 [プロデュース力]
予想がつかない状況で場を仕切り、問題解決能力を育む

・龍馬は「問題解決能力」の高い敏腕プロデューサーだった
・プロデューサー的視点で世界を見ていれば、とるべき行動がわかる
・「熱さ」と「熱さ」をつなぐプロデュース力
・いちばん大事なこと。それは心の中に「北極星」を持つこと
・龍馬は自分で自分の活躍の「舞台」をつくっていった
・自分を打ち出せ!龍馬の「セルフプロデュース術」に学ぼう
・「幹事」をやって経験を積む!それがいちばんのトレーニング

LESSON 8 [成功力]
小さな成功体験を積み重ねて、自信を大きく育てる

・成功へ向けてドーパミンの「強化学習サイクル」を回せ!
・「ワクワク」「ドキドキ」「サプライズ」が脳の成功回路の原動力
・「雨の中、川で泳ぐ」という小さな成功体験
・「小さな一歩」の積み重ねがステップアップにつながっていく
・「つながった目標」が持てている人は“のぼり龍”になれる
・大成する人は、必ず「いつもの一歩」に戻っていける人
・ただのポジティブシンキングではダメ!自分の「弱さ」に目を向けよう

LESSON 9 [好奇心&バブル力]
「楽観回路」を働かせて、幸福感で心を満たす

・龍馬の「好奇心」はとどまるところを知らない
・「楽観回路」を働かせよう
・まるで今日この世に生まれたように生きてみる
・気がついたら日が暮れていた「あの頃」のように夢中に遊ぶ
・脳を若くする「自分バブル」

LESSON 10  [共鳴させる力]
聞き上手になることが、器を大きくする近道

・器の大きい人は、自分を自在に響かせることができる人
・「自分のこと」も「相手のこと」も決めつけないこと
・「聞き上手」の人ほど、人間がでかくなっていく
・道具箱にはいつも「ユーモアと笑い」を
・養老先生の大名言「もっともらしい人はモテない」
・龍馬のようにいくつもの「文脈」の垣根を軽々と飛び越えていこう
・変化に対応できる“やわらかな強さ”が「未来への扉」を開く

スペシャル対談 杏VS茂木健一郎
現代をみずみずしく生き抜くための、龍馬脳へのステップ

●問合せ先
発行所:株式会社主婦と生活社
〒104-8357東京都中央区京橋3-5-7
TEL 03-3563-5129(編集) TEL 03-3563-5121(販売)
運営 リンク  問合せ
 Copyright(c) 2017 Tanae All Right Reserved.