ホーム ニュース 脱藩の道 事典 レポート 商品
脱藩の道 > 詳細-011
御幸の橋
屋根のある橋「御幸の橋」を通る
龍馬も一瞬足を止め休息をとったかも
榎ヶ峠から国木を通り、神納に入った道は、秋知川添いの天神社境界内を抜けて、屋根のある橋「御幸の橋」を通る。この風変わりな橋の上で、龍馬も一瞬足を止め、その欄干にもたれて休息をとったかもしれない。その姿を、かたわらの樹齢700年の大家ケヤキが見下ろしている。
 御幸の橋
屋根のある特異な形から、俗に「屋根橋」と呼ばれる木橋は、橋桁の腐食を防ぐとともに、人々の憩いの場とするために造られたもので、橋を大事にする里人の思いやりがしのばれる。
安永2年(1773年)に造られたといわれ、龍馬が通るよりも、90年ほど前から架けられていた。県の民俗文化財に指定されている。

村上恒夫著「歩いてみよう坂本龍馬脱藩の道」より
▼御幸の橋

より大きな地図で 御幸の橋 を表示
運営 リンク  問合せ
 Copyright(c) 2017 Tanae All Right Reserved.